rich2x2023865_kensaku_a.jpg

初診の患者さんは
​以下の診察の進め方を
必ずご確認ください

​歓迎!!

当院を選んでこられた方も、たまたま空いていたから連絡をされた方も!

通院すればするほど、「ここでよかった!」と思える医院にようこそ!

・・・

気になるところだけを診ておわりとなりますと、なぜそうなったのかもわからず、いずれ症状の再発を繰り返し、ひいてはご自身の歯だけでなく健康を害してしまう結果となります。「詰め物が取れただけ」「クリーニングをしたいだけ」という一見すると簡単な主訴の方であっても、実は検査をしてみると噛み合わせに根本的な問題があったり、歯周病が進行していたりと、重大なリスクが隠れていて、順序だてて治療が必要な場合がほとんどです。

当院では一生健康をモットーに、初診時には丁寧なカウンセリングを行い、まずは患者さん自身がご自分のことを正確に理解できるよう、あらゆる角度から検査を行います。

1.jpg

過去を知ってこその未来

歯茎の検査や口腔内写真検査は、今までの生活習慣を知るためにかかせない検査です。レントゲンや唾液検査などと合わせて評価し、未来を正確に予測してきます。

pic.jpg

今を知る検査

今現在のお口の状態がどのようになっているのかを知るため、レントゲン検査を行います。当院のレントゲン検査では、手間暇はかかりますが、敢えて1か所ずつ丁寧に撮影することで、今のご自分の状態をより正確に知ることができます。

松尾_和樹.jpg

​過去・現在・そして未来を見据えた説明

例えば痛みがある、詰め物が取れた患者さんについては、なぜそのようなことが起こったのか、どうすれば良いのかをわかりやすくお伝えします。処置が必要であれば処置や投薬を行います。すべての患者さんに、

これからどのような流れで治療計画を立てていくのかについて説明します。

​検査結果をまとめた資料を次回以降で少しずつ説明していきます。まずは当院に継続的に通っていただき、ご自身の今までの生活習慣を見直すいい機会とされますことを願っております。

​一緒に頑張りましょう!!

無題.png

未来を知る検査

もし、歯に小さな虫歯が発見されたら、一刻も早く削って埋めなければ、と思うでしょうか。

たしかに、今を診る検査だけ、例えばレントゲンだけで判断しようとすると、削る選択をせざるを得ません。

金属高騰の影響も手伝って、例えば今保険で歯を削って銀歯を詰める治療を1本行うだけでも、5000円(3割負担の場合)はします。虫歯が数本あれば、費用だけでなく時間もバカになりません。

しかし、唾液と歯垢を少し取るだけで、しかも歯を1本削るよりも少ない費用で、その歯を削らずに守れることがわかるとしたら?しかもその検査でお口の病気だけでなく、全身の健康まで守ることができるとしたら、どうでしょうか?

この検査は、麻酔も必要ありませんし、痛みも一切ありません。これから歯に虫歯ができやすいか、それだけでなく、実は全身の病気の進行リスク、つまり未来を知ることができます。

医療機関ではどうしても、その人の性格や生活、どういう思いで症状をとらえているのかを診ずに、今ある情報だけでとりあえずの処置を行って終わろうとしてしまう習慣があります。しかし患者さんは、病院の外で生きているわけであって、病院のために生きているわけではありません

だからこそ、普段の生活の中で病気のリスクと付き合うという視点を加えることはとても大事なことです。歯のことだけでも、今すぐ削るべきかどうか、削らないとすればこれからどうすればむし歯の進行を食い止められるか、もっともっと多くの選択肢が生まれます。自分の身体を守る方法も知ることができます。

なにより、自分の歯も体の一部。一度削ると二度と元には戻りません。実際にどのようなことを行うかは、来院時に詳しくお話しします。(検査キットは購入品として税込み3960円で販売しております。)

dento_01.jpg

注意事項

保険証を必ずご持参ください

当院は保険診療のルール、厚生労働省の方針を十分に理解し、関連法令を遵守して診療を行っております。

自由診療は患者さんの将来を考えた時に本当に必要な場合に限り提案致します。(もちろん保険診療も)

原則保険診療となりますので、初診時と来院の都度、保険証は必ずお持ちください。(保険証をお持ちでない場合は、当日の診療は一旦全額払っていただき、のちにご自身で請求となります)
 

​【診療情報提供書(一部の方のみ)】

*現在内科やその他の病院に継続して通院している方は、初診時までに主治医からの診療情報提供書(紹介状)と血液検査のデータが必要になります。血液検査のデータからその人の栄養評価も行い、なぜその病気になったのか、どのようにすればよいのかを歯科衛生指導でお話しますので、必要なデータとなります。受診日までに間に合わない方は初診時にお薬手帳をご持参ください。

検査前の注意

*検査結果を正確に出すために、1時間前までに飲食・歯磨き、喫煙は済ませておいてください。うがい薬・歯磨き剤を使用される方はご予約日の朝から使用を中止してください。

​【所要時間について】

初診当日はご自身の口腔内をすみずみまで検査するため、2時間程度時間の余裕をみておいてください。

​【平日来院をご検討ください。

土曜祝日も(対馬院は日曜日も)診療しておりますが、大変混雑し予約が長期間空くことが予想されます。必要以上の期間が空くと中断の要因になり、せっかくの通院が無駄になってしまいます。仕事もご家庭も健康があってこそ!健康への投資として歯科通院を最優先事項に。ぜひ平日来院をご検討ください。

来院時間について】

​ご予約時間は診療開始時刻です。お伝えした時間の10分前までにはお越しください。

変更キャンセル

当院の定義

予約変更:診療の日時変更

キャンセル:診療の中断

Ⅰ.ご予約の3日前まで

理由の如何に関わらず(←重要)

変更・キャンセルとも可

Ⅱ.3日前を過ぎた場合

①大原則

変更・キャンセルともに不可

②病気・ご不幸事・天候等

やむを得ない事情がある場合

変更のみ可

キャンセルは不可

Ⅲ.変更可能期間を過ぎてから予約を取得された場合

(例:当日午後や、2日後予約の方)

予約取得から30分以内に限り変更・キャンセル可(必ずお電話下さい)

当院では患者さんの健康実現のため、キャンセルポリシーを設定しております。詳細は以下をご覧ください。

rich2x2023865_main_d-1_b.jpg

キャンセルポリシー

当院では、患者さんみなさんのお時間を大切にするため、キャンセルポリシーを設けております。

歯科受診の意外な落とし穴は、真面目な人であればあるほど1度のキャンセルによって行くのが気まずくなったり、何度も通うことが段々億劫になったりして、これまで頑張ってきた通院が無駄になってしまうことです。

対策として、無理はせず、確実に来院可能な日にご予約いただき、後から入ったお仕事やご用事などで安易な変更やキャンセルはされませんようお勧めいたします。また、どうしても予約の変更、キャンセルをされる際は、器材の準備の都合上3日前までにお願い申し上げます。3日前にはすでに医療者が診療の準備を開始しており、事前に準備していた器具を破棄せざるを得ないことがあります。なによりも、あなた様の予約した日時で本当は受診したかった他の患者さんの予約機会を奪うことになります。

また、他院と重複予約をしていたり、当日無断キャンセルし、連絡しても電話にお出にならない等、当院が悪質と判断した場合は、キャンセル料の請求をする場合もございますのでご注意ください。

変更可、キャンセル不可とは?

しかしながら受診の意思があっても、予測できない急なご病気、ご不幸事などやむを得ない事情もあるかと思います。

その場合は、特別に変更のみ受付いたしますので、可能な限り早めに、かつ必ず次の予約候補日をご準備されてお電話ください

歯科だけでなく、美容室も、飲食店も含め、予約制のあるところは、まず予約を守り、継続して通ってみなければ、本当の良さはわからないもの。逆に、予約の意味をきちんと考え、時間前に到着し、定期的に通う習慣をつけるだけで、不思議と診療効果が出てまいります。

当院に通えば確実に健康になれる。

その自信があるからこそキャンセルポリシーを厳格に定めています。歯科通院はまさに継続は力なり。キャンセルはあなた様の将来を考えた時、本当にもったいない。健康になることはご自身のためだけではありません。この少子高齢化の人手が少ない時代に、自分のことは自分でできることがいかに有難いことか。確実に周囲の方のためになります。その最も大事な部分が、お口です。私たちは命の入り口である口腔を診るプロフェッショナルです。歯科受診は何より優先すべき大切な予定とお考えいただけますと幸いです。​ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  • さえずり
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • さえずり
  • フェイスブック
  • Instagram